#185 -HND-

Eos1vHs EF500mmF4.5x1.4 RVP100, HANEDA, 2010.05


「ジャンボな時間」 #3


羽田、浮島から


D滑走路運用が始まる前は、北上便(たぶん千歳行)
もRW16Rから揚がって左旋回していっていた

空の表情をメインに撮りたいときに
ジャンボの存在感って貴重やったね


関連記事

おはようございます。

「空の表情をメインに撮りたいときに
ジャンボの存在感って貴重やったね」
ジャンボには縁の無い富山ですが、仰る意味はよくわかります。
ズーム玉で機体だけを撮ると、無意識のうちに機体の大きさに合わせてしまいますもんね。
なんだか単調な図鑑みたいな。
空や風景と一緒に切り撮ると、存在感が無くなってしまいます。
何を撮ったのかわかんない。
ホントはもっといろんな尾翼を撮ることが出来る富山。
結局、大きな機材を求めてしまい、青いのしかないんですよ、僕んトコには…。
[ 2014/05/11 06:33 ] [ 編集 ]


コメントありがとうございます。

3年前、関東に転勤で住んでた頃には
羽田や成田で大型機を堪能しましたが、、

熊本は似たようなものです


空をメインに米粒写真が
大好きなのですが

飛行機の存在感を出すためにと
結局自分もB6かB8を選んでしまいます


熊本では、"びーろく"や"ナナハチ"は
立派な大型機です(笑
[ 2014/05/14 00:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raisin787.blog.fc2.com/tb.php/187-7e1d7528